これでアナタも常識人?法事・法要のルールとマナー

>

不明・疑問点をピックアップ

費用関連の疑問点

結婚式やお年玉の場合、新札を包むのがマナーですが香典の場合も同じく新札がベストです。地域によってある程度差はありますが、旧札によっては汚れが目立つ事もあり見た目にも良くありません。銀行やATMで簡単に新札が手に入るので、新札を出した状態で1箇所だけ折り目をつけて渡すと失礼になりません。

別の項目で説明しましたが香典は元々仏にお供えものをする事から始まりました。よってお供え物をする場合、香典は不要なのか?という声もありますがこれは誤りです。

お供え物をすると事前に遺族へ確認し、お供え物をする代わりに香典を減額するのは問題ありません。但し必ずお供え物をする際は遺族へ事前相談をしないとトラブルの元になりやすいです。

法事に参加出来ない場合は?

遺族から故人へ会いに来て欲しいといわれたが、仕事や諸事情によって参列できない場合にも香典を渡すのが社会人のマナーです。

返信用ハガキが来て欠席の旨を連絡した後に遺族へ連絡し、どのタイミングで香典を渡せば良いのか確認すると良いでしょう。物理的に距離が離れて参列出来ない場合は現金書留で発送するのも良い方法です。この時に果物や供花を一緒に添えて下さい。現金書留で送る場合はお供物料と表書きすると分かりやすく、手違いがありません。

ちなみに斎場に送るとタイミングによって受け取れない場合もあり、トラブルになるので遺族宅宛に送るのがベストです。現金書留を送るタイミングは葬儀から1週間程度で、あまり早すぎるのも失礼に当たります。


この記事をシェアする