これでアナタも常識人?法事・法要のルールとマナー

>

香典の書き方をマスターしよう!

スタンダードな書き方は仏式と呼びます

相手が特に宗派や信仰を持っていない場合は仏式の香典を渡すと良いでしょう。仏式の場合は黒・白の水引で白い奉書紙を使うのがスタンダードです。表書きには御香典・御仏前・御霊前と書きますが、既に書かれている香典を使っても問題ありません。

故人が浄土真宗を信仰している場合は御霊前を書くのはNGです。浄土真宗は亡くなった後、すぐに仏になると説いているので御霊前自体が失礼に当たります。

自分で書く場合は毛筆書きになるので筆・あるいは筆ペンで書いて下さい。ボールペンやサインペンはあまり良い印象は与えず、ケースによってはマナー違反です。当然鉛筆書きはNGなので気をつけて下さい。表書きは水引の上中央に書き、名前は下中央に書きます。この時、名前は表書きよりもやや小さめに書くと良いでしょう。

キリスト教や神道の場合はどうする?

仏式は仏教や無宗教の時に使う方法ですが、故人がキリスト教や神道の場合は注意が必要です。

まずキリスト教の場合、法事や法要は存在せず人が亡くなるのは神のもとへ帰るという教えです。その為悲しむのでは無くむしろ喜ぶべき儀式なので、故人との思い出を語ったり、区切りをつけたりするので香典は基本的に不要です。

カトリックやプロテスタントの場合は表書きに献花料・弔慰料と記載すると良いです。神道の場合は法事を霊祭と呼び、神社ではなく自宅や故人のお墓の前で行います。香典には不祝儀袋を使い表書きには御神餞料・御供・御神前と記載します。水引は銀色で華やかなものを利用します。基本は仏式と同じなので大きく失敗する可能性は低いです。


この記事をシェアする