これでアナタも常識人?法事・法要のルールとマナー

>

冠婚葬祭の意味について

香典っていつからあるの?

葬儀の際に渡す香典は故人を悼む気持ちを表すものであり、冥福と供養の意味もあります。香典は香を仏に捧げるという意味で、現代の様に現金を渡す風習はありませんでした。

当時、香はとても高価なもので庶民が用意出来るものではありません。どうにか弔いの気持ちを表したいと考え、香の変わりに米や野菜を持ち寄った事から香典が始まりました。

その名残で九州や鳥取の一部地域ではお米や麦を一俵丸ごと贈るところも存在します。東北地方では香典=赤飯で、出棺前に参列者が赤飯を食べる風習も残っています。 赤い色は本来魔除けの色であり、故人や参列者に悪いものが憑かないようにという意味もあります。それがどんどん簡略化されていって、現金を渡す様になりました。

費用相場はどのくらい?

香典を包む際に気になる費用ですが、法要のみに参加する場合は5000~10000万円ほどが相場です。但し故人と親しい関係であったり自分の立場や役職によって変動したりするので3万円ほど包む方も珍しくありません。

法要だけでは無くお斎に参加する場合は会食などもあるので5000~12000円ほどで良いでしょう。会食は単純に費用がかかるだけでは無く時間や手間もかかっているので、それを考慮した金額がベストです。友人や夫婦、職場の代表など複数の方と一緒に香典を出す場合は金額を揃えて出すのがマナーです。

相場は1万円なのでそれに人数をかけると良いでしょう。冠婚葬祭では偶数は「割る・切れる」を連想するので出来る限り避けるのが良いです。但し冒頭で説明した複数人の場合は問題ありません。


この記事をシェアする