葬式と法事・法要の香典のマナー

これでアナタも常識人?法事・法要のルールとマナー

冠婚葬祭の意味について

法事や法要で出している香典ですが、何が起源になっているのでしょうか?宗派や地域によってルールが違うにも関わらず香典が存在するのは不思議なものです。 また気になる相場やお斎への参加有無によって費用が変わるのかを説いています。社会人としては知っておきたいルールの一つです。

香典の書き方をマスターしよう!

香典は仏教の場合のみ思っている方がほとんどですが、実はキリスト教や神道でも香典が存在します。 しかしこれらの場合、スタンダードな書き方を違うのでそれを誤ってしまうと世間知らずだといわれるリスクがあります。スタンダードな書き方だけでは無く、宗派別の書き方をお教えします。

不明・疑問点をピックアップ

法事・法要の不明点や疑問点を誰に聞いて良いのか分からない。そう思っている方は数多くいます。香典についての不明点はもちろんの事、全体を通して気になるポイントをピックアップして公開しています。 これでアナタも大人のルールをマスター出来るかも知れません。

そもそも香典って何?

社会人になると一度は参加する冠婚葬祭ですが、その意味を知っていますか?なんとなく参加してマナーを知った様な気になっていますが、そもそも冠婚葬祭自体の意味が分からない方も数多くいます。

冠婚葬祭は4つの漢字から成り立っている言葉で冠は元服を着るという意味で、成人式を表しています。元々は成人式のみでしたが、時代の移り変わりと共にお宮参り・初節句・七五三などのお祝いを指す言葉になりました。婚は結婚を意味しています。人生の中でも上位にランクインする華やかな式であり、婚礼に待つわるお見合いや結納も婚に入ります。

葬は葬儀全般を含む言葉で通夜や葬儀、告別式を含んでいます。最後の祭は先祖に関連する儀式を指しています。葬と被りますが法事やお盆も祭の一つであり正月やお彼岸も冠婚葬祭の一種です。

これらの一つひとつにマナーがあり、なんとなく知っている様な気はしているけれど結局のところ何が正解か分かっていない。お祝いの席についてのルールやマナーは聞きやすいけれど、法事や葬儀についてはなんとなく聞きづらく、結局そのままにしている。もしかすると周りからマナー違反だと思われているかもしれません。

ちょっとしたコツやポイントを知るだけで世間知らずとはいわれませんし、相手の宗派や立場によって香典の書き方や渡し方を臨機応変に出来るので損をする事はありません。「知らない」をそのままにせず、まずは基本的なマナーを学んでみましょう。